ムートンは羊の毛皮です

Filed under: 毛皮 — admin @ 12:00 AM 2016年6月10日

毛皮に興味がない人でもムートンという言葉は聞いたことがあると思います。ムートンは、毛皮以外にもソファーの素材や、布団の素材に使われたりしているからです。ムートンとは、羊の毛皮のことを指しており、イギリスではビーバーラムとも言われています。
ムートンの毛皮の特徴は、比較的値段が安いのに肌触りが良い点にあります。もともと、羊の毛は毛織物の材料としても使われている素材で、他の動物のような剛毛が無いため柔らかい肌触りになるのです。また、ムートンの持つ脂分にはラノリンという成分が含まれていますが、ラノリンは軟膏や化粧品の材料にもなるほど肌に優しいので、肌の弱い人も安心して着用できるメリットもあります。
ムートンの皮の部分は拡大するとウロコ状に重なっています。そのため、吸湿性と放湿性が高くコートなどに加工してきた場合には適度な湿度が保たれます。また、撥水性も高いので、多少の水分で使えなくなることもありません。一方で、ムートンは皮が厚いため皮の部分の加工がしやすいという特徴があります。なので、皮表面をサンドペーパーで毛羽立たせたスウェード加工や、樹脂加工したナパランなどを施すことができます。ムートンには適度な弾力性もあるため、多少着膨れした場合でも型崩れしないというメリットもあります。
参考:ムートン、毛皮、フェイクファー、ダウンコートなど

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする